TIBCO Spotfire® Energy

エネルギー分野のデータ分析機能

Spotfireを試用する

「Spotfireを導入することで、自社のデータウェアハウスを活用しながら複数テーブルをマージして情報をリンクさせ、複雑なデータ・ビジュアライゼーションや分析機能を作成することができました」
- Forest Oil社 Spotfireソリューションズ・アーキテクト Mindy Stone氏

エネルギー分野での Spotfire 活用

世界のエネルギー産業には、Spotfire を使った分析の文字通り何百ものユーザ事例があり、数十万人ものユーザが Spotfire を利用しています。また、こうした方々によって、絶えず新しいデータの解析・活用メソッドが発見され、会社に新しい価値がもたらされています。掘削場所を分析し、産出量を推定する。あるいは、エネルギー商社が新しいチャンスに出会い、レギュレーションを守り、世界中に出荷する製品の正しい利幅を分析する。そして、エネルギー・サービス企業が顧客の需要を分析する。そうした際に、エネルギー産業が求める充実した機能性とスピード、使いやすさを提供できるのは、Spotfire のデータ分析ツールだけです。

上流のオイル&ガス業界での Spotfire 活用

膨大な数の難しい技術アプリケーションやビジネス・アプリケーション、さらにはそれらのデータソースをまとめ、情報の合成や分析を行うことが、意思決定に基づく迅速な行動を起こすにあたって、最大のハードルの 1 つになっていました。

Spotfire のエンタープライズ分析プラットフォームは、ビジネスや技術の専門家たちに、巨大な生産・技術・費用データのアドホック分析が行える、極めて高速なデータ分析環境を提供します。

坑井掘削エンジニアリング

競合企業よりも優れた計画・実行を実現し、保有資産の効率や収益性を管理するために、企業は複数のソース・システムから集まる様々なデータタイプをよく理解できる分析ツールを探しています。さらに、非生産時間を減らしてコストを削減するために、採掘事業者は不具合の分析を行い、前回の問題から学び、将来の不具合発生を予測できるシステムを必要としています。

TIBCO Spotfire® は、掘削エンジニアがデータをより素早く分析できるよう支援します。Spotfire の直感的でインタラクティブな分析プラットフォームを使えば、多様で過酷な環境で、より良い意思決定が可能になります。Spotfire なら、構造化データと非構造化データ、静的データと動的データ、これらすべてをキャプチャーすることができます。また、非生産時間(NPT)や信頼性の背後にある問題を可能な限り深く調べることができます。

産出最適化

油田の新技術により、従来とは違った場所から石油やガスを産出できるようになり、エネルギー企業に新しい大きなチャンスが生まれています。こうした、技術的に挑戦しがいのある変化の早い環境に対応するため、企業はデータディスカバリとビジュアライゼーションによってこれまでの分析技術を拡張しようとしています。Spotfire は使えるデータをすべて活用しながら、産出資源に関するより良い迅速な意思決定ができるよう支援します。

  • 先進的な採掘/リフト技術を適用した場合に、既存油田と新しい油田に期待できるのは?
  • 目標を下回る油田は?改善するための最も適切な行動は?
  • 計画外の操業停止時間をどうしたら減らせるのか?
  • 現在の市場状況ではどの油田が経済的か?

石油サービス

石油サービス企業は Spotfire Analytics を全社的に活用し、技術的なユースケースに加え、人事、財務、衛生安全、環境などの横断的な業務で役立てています。提供サービスの各ステージで厳密な分析を行い、コストを削減するために、Spotfire が役立っています。石油サービス企業は、石油・ガス業界のバックボーンです。変化し続ける、厳しい競争環境に歩調を合わせなくてはなりません。顧客に絶えずしっかりとフォーカスを合わせ、顧客が価格を下げようとする中で変革を続け、業績と効率性を高める必要があります。世界の石油サービス企業は Spotfire を以下のように活用しています。

  • 非生産時間の分析
  • 採掘・仕上げ技法の最適化
  • 改修手法の比較を実施
  • 健康・安全・環境に関する事故の関連性を特定
  • 事故の根本原因に関する理解向上、メンテナンスの最適化
  • 地域・顧客ごとに、各製品の収益性やビジネス機会を理解

エネルギー分野の下流での Spotfire 活用

石油精製は資本集約的で複雑な製造プロセスで、企業の競争力を維持し収益を最大化するため、幅広い課題に対処する必要があります。

TIBCO Spotfire Data Analytics ソフトウェアは以下のような点で企業を支援します。

  • プラント・設備の計画外ダウンタイムを削減し、計画的メンテナンスと投資・集積のバランスが取れる理想的なメンテナンス・プログラムの開発によって、生産性を最大化します。
  • 原油供給の制約、精製プラントの能力と複雑性に関する制約、市場アクセスなどに関する制約のもとで、全世界・地域・地方における精製製品の需要変化を理解し、予測と対応を行います。
  • 原油グレード、供給地、輸送手段の代替利用で、原油供給と精製製品の価格変動に対応します。
  • ネットバック分析などのテクニックを使い、製品や顧客、契約、地域情勢ごとの収益性の微妙な違いに理解を深めることで利益を改善します。また、精製事業者は各顧客の需要の弾力性を理解できます。
  • エネルギー貿易での Spotfire 活用

    エネルギー貿易の分野はこの10年で大きく変貌を遂げ、各企業は、現在以下のような目的で、保有データやマーケットデータの事前監視・収集・分析を行う必要に迫られています。

    • ポートフォリオのヘッジを最適化する
    • 市場の機会をつかみ、うまく利用する
    • 脅威を特定し、リスクを低減する

    これらすべてを規制の枠内で実現するために、Spotfireは以下のような支援を提供できます。

    • プレトレード、プリトレード - 複数のソースからのデータを使用し、リッチなビジュアルでインタラクティブかつ動的なシナリオ分析バックテストを作成、可能性のある売買戦略の結果をビジュアライズします。
    • リスク - 複雑なリスクデータがより明確にわかるようにして、リスク・プロファイルの理解を高めるとともに、リスクの管理と制御を改善します。マーケットの基礎データ(天候、生産予測、販売量など)をマッシュアップし、リスクと価格変動の可能性を全体的に描き出します。
    • 損益アトリビューション - 損益結果をより簡単に詳細に分析し、製品や地域、売買主、その他の主な変数で傾向や異常値を特定します。
    • 取引監視とコンプライアンス - 取引や貿易アメンドメント(トレーディング・デスクの全アクティビティ)を分析・解析し、内外の規制に対するコンプライアンスを確保します。Spotfire Analytics は損益への悪影響、不本意な課税や規制当局のチェックなどの問題が起きる前に、異常な取引パターンや行動を指摘してくれます。

    健康・安全・環境に関する分析での Spotfire 活用

    性質上、原料や製品が危険を伴うこととから、エネルギー産業(探鉱から生産、輸送、流通、精製まで)は、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす事故が起こりやすい傾向にあります。

    Spotfire は事故のレポーティングや分類に留まらず、根本原因の特定や将来の事故予測、さらにはそれらの発生を防ぐ予防策の実施まで支援を行います。

    それらを通じてはじめて、企業は人員や資産、評価、そして自然環境の保護を強化することができます。

    メンテナンスの最適化における Spotfire 活用

    今や接続センサーの設置数は爆発的に増えており、パフォーマンスと故障率を監視して、油田や輸送ネットワーク、製油施設のメンテナンスを最適化する事業に新しいビジネス機会が生まれています。

    TIBCO Spotfire は、センサーをリアルタイムに監視し、切迫した問題については事前にアラートを出すことで、企業が資産の状況を理解し、早期に手を打って修繕を行えるようにできる、唯一の分析プラットフォームです。

    ユーティリティでの Spotfire 活用

    規制緩和、スマートメーター、急変するマーケット、インフラの老朽化、そして顧客の要求・選択の高度化…。これらのことから、ユーティリティ産業では全般的に競争が激化し、新しいビジネスの課題やチャンスが生まれています。TIBCO Spotfire® は、オペレーション効率やサービスの信頼性、需要予測、顧客満足、法令遵守へさらにフォーカスして、お客様のビジネスモデルを劇的に変えるお手伝いをします。

    TIBCO Spotfire® は、ユーティリティ産業の企業が、巨大なデータから価値のあるインサイトを取得できるよう支援します。構造化データ、非構造化データ、過去データ、リアルタイム・データといったデータの形式は問いません。

    Spotfire を使えば、ユーザがインタラクティブなクエリ、視覚化、集約、フィルタリング、ドリル作業を事実上あらゆるサイズのデータセットに対して行えるようになり、上記のような支援が実現します。ユーザは素早くインサイトを獲得し、ビジネスの問題やチャンスを明確化して、それらを社内で安全に共有できます。

    停止分析と負荷予測を組み合わせて、稼働要件と需要管理に関するより包括的なイメージを得ることができます。

    顧客満足度やセンチメント、購買性向、ターゲティングされたオファーの効果を管理します。